PR
皇室

佳子さま一人暮らしで得る自由「〇〇ホと化す御仮寓所」

kakosama-kareshi 皇室
記事内に広告が含まれています。

佳子さま一人暮らしで得る自由「ラ〇ホと化す御仮寓所」

秋篠宮ご一家は現在、約45億円かけて改築が済んだ新居への引っ越し作業を進められていますが、佳子さまだけは引っ越し作業をされることなく仮住まいであった「御仮寓所」に残られ、念願の1人暮らしに突入となります。

28歳の佳子さまが親元から離れて一人暮らしをしたいと願うのは自然なことでしょう。ましてや母親の紀子さまは相当口うるさいお方で、娘たちを自分の思うように支配したい毒親傾向にあります。

「公務の際に姉妹が着られる服装に紀子さまが細かく助言されていたと聞きます。公務の服装だけではなく、私服でも髪形やアクセサリーに意見をされることもあったそうです。」(宮内庁関係者)

母親の紀子さまは、佳子さまの、服装、生活、交友関係などあらゆることに制約を与えてきました。親として心配をされるのはわかりますが少々、度がすぎるようで佳子さまもうんざりしたご様子でした。

口うるさい紀子さまに反発するかのように、佳子さまは学生時代から取り組んでいる、得意のダンスで、へそ出しだったり、露出度の高い服装をあえて選んでいるかのような時期もありました。

kakosama-kareshi

kakosama-kareshi

kakosama-kareshi

kakosama-kareshi

口うるさい紀子さまに負けずに、奔放に過ごされてきた佳子さまは、社交的な性格で友人も多いですので、一人暮らしともなれば自由に友人を招き賑やかに過ごすことも可能です。

「社交的な性格の佳子さまですから、お招きしたいご友人もたくさんいることでしょう。御仮寓所であれば広さも充分にあるので、ひとりふたりと言わず大勢のご友人を一気に呼ぶこともできます。親の目を気にすることなく、自由にご友人と過ごす時間を佳子さまは楽しみにされているのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

友人大勢と過ごすことも可能ですが、逆に、これまでできなかった「彼氏と二人きりの時間を過ごす」ことも可能になります。

広い自分のお部屋をお持ちですから、お付きの人間を部屋の中には入れずに彼氏と二人きりで自由に過ごす。なんでもできます。二人だけの空間なのですから。。。

ちなみに、秋篠宮殿下と紀子さま結婚前は、まだ学生の頃から付き合っており、二人きりになるために紀子さまが御所を訪ねて、殿下のお部屋で長い時間を過ごされていました。

「“ちょっとお茶を飲むから”と、お付きの者を外に残して、おふたりで部屋にこもられることもありました。紀子さまの滞在時間は徐々に長くなり、帰られる時間があまりに遅くなった場合には、職員が赤坂御用地からほど近いJR四ツ谷駅まで、車でお送りすることもありました」(当時の宮内庁関係者)

若い男女が二人きりになりたい理由は。。。それしかありません。まさか一般人のようにラ〇ホに行くわけにもいきませんし。。

紀子さまから佳子さまに受け継がれた色欲の情。やはり親子、血は争えませんね。

紀子さまには佳子さまのことはすべてお見通しなのでしょう。なぜなら、自分とそっくりな色欲の情を持った娘なのですから。

佳子さまのお心の中では、秋篠宮邸お引越しのタイミングを虎視眈々と狙っていたのでしょう。

「このタイミングしかない!!」

仮住まいの「御仮寓所」には、都合よく姉の眞子さんの荷物がたくさん残っています。それらが処分されないように、また眞子さんが帰国した際も気持ちよく過ごせるようにと、あたかも姉思いの健気な妹であるかのように体裁をつくろい装っています。

このままでは、このわがままなお姫様のために、高貴で神聖な邸宅であるはずの「御仮寓所」がラ〇ホと化してしまいます。

10億円の「御仮寓所」が、姫専用の 。。。

一人暮らしをされようが、彼氏と仲良くしようが、ご自由にどうぞといいたいところですが、私たち国民の税金で支えている「御仮寓所」をお使いになるのはやめていただきたい。

自由になりたいのであれば、英国のヘンリー王子のように皇室離脱をなされば良いのでは。。。そしたら自由になんでもできますよ~。

あるいは、もう結婚してしまうというのも手です。結婚された暁には是非、皇室には残らずに降嫁されますようお願いいたします。

 

佳子さま彼氏とのままならない恋愛事情「紀子さまの締め付け」

佳子さまが自由になりたいと思う背景には、彼氏ができても普通の女の子のように自由にデートしたりできないことがあります。

「高校時代には他校の男子生徒とおつきあいされていたことがあると聞いております。佳子さまの女友達の紹介で知り合った男の子で、デートはおふたりというわけにはいかないため、お互い友人数人を連れて、カラオケ店などでデートしていたそうです。その際、隣の部屋に警護のかたが待機していたみたいで、“皇族は恋をするのも大変なんだなぁ”という印象でした」(佳子さまをよく知る学習院関係者)

 

おモテになる佳子さまは、大学時代もやはり彼氏ができました。

「なんとか佳子さまの連絡先をゲットしようと奮闘する男子学生もいるんですが、なかなかお近づきになれず(苦笑)。それでも、佳子さまとLINEで直接連絡を取り合っているカレがいるんです。それはサッカー部に所属する先輩で、個人的なやりとりをしているだけでなく、佳子さまのことを親しみを込めて“佳子”と呼び捨てにしているそうです。女子にとって下の名前を呼び捨てにされるのって、何となく特別ですからね。そのカレの存在はすぐキャンパスに広まっていました」(ICUの学生)

このときにも、やはり二人きりでデートなどはできなかったのでしょう。それ以上には話が進みませんでしたので。

 

佳子さまは、英国のリーズ大学に留学された際にも彼氏ができました。

kakosama-kareshi

「佳子さまと同時期にリーズ大学に留学していた男性Aさんと、真剣交際されているそうなのですAさんは都内の理系大学出身で、爽やか系のイケメンだといいます留学中もよく行動をともにする仲で、周囲もお似合いのカップルとして見ていたようですおそらく、事前に行われた留学説明会などで知り合われたのでしょうね

本当におモテになる佳子さまですね。次から次へと彼氏ができてしまいます。

留学先には紀子さまはいませんのでこのときばかりは、自由にお付き合いされていたのでしょうね。でも日本に帰ってからはそうはいきません。

「佳子さまはご学友との会合にも積極的に参加されています。カラオケ店に行かれたり、居酒屋に行かれたりと、さまざまな場所に顔を出されています。そこで男性とふたりきりになったりしないように目を光らせてほしいと警護の人々に要請しているそうです」
(秋篠宮家関係者)

秋篠宮家では紀子さまが特に目を光らせ、きびしい恋愛のルールなるものがあるのです。

  • 彼氏と会うのは学校と自宅のみ
  • 二人きりで会うのは禁止
  • 外で会う場合は友人も一緒
  • ランチOK、夜は絶対ダメ

 

紀子さまは、ご自身の経験がものさしですので、佳子さまの男関係がどうしても信用ならないようですね。

でもやはり紀子さまの懸念は当たっているでしょう。奔放な佳子さまのことですので一人暮らしをされたら好き勝手にどのような振る舞いをなさるのか。。。

ここは是非、紀子さまにもっと頑張っていただいて、一人暮らしなどといった佳子さまのわがままを諦めさせるよう、親として努めていただきたいものです。

いっそのこと結婚していただいたらいかがでしょうか。

 

紀子さまからは逃れられない「職員を通じて筒抜け」

自由になるために一人暮らしを決断された佳子さまですが、果たして紀子さまからの監視の目から逃れることができるのでしょうか。

「紀子さまは、佳子さまとの面会のために御仮寓所を訪問する人物を、できるだけ把握したいというご意向をお持ちのようです。佳子さまの私生活を監視されたいということなのでしょう」(宮内庁関係者)

紀子さまは、監視だなどとそんな生ぬるいことではなく、きっぱりと親らしく、一人暮らしの是非を佳子さまに教えて差し上げたらよろしいかと思うのですが、気の強い佳子さまには勝てないのでしょう。

 

そもそも、皇居や赤坂御用地といった皇族の住まいがあるエリアに、一般人が自由に出入りすることは当然できない。事前に、皇族から職員に来訪情報が伝えられ、その上で、各門では皇宮護衛官が氏名や連絡先、身分証明書を確認し、敷地内の案内役の職員に引き継ぐという。

「紀子さまはそうした職員から情報を入手し、来客を把握しようとされているのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

それでも紀子さまがすべてを把握できるわけではないという。

「佳子さまとの信頼関係を重視する職員に佳子さまが『内緒でご案内してほしい』と頼まれたとしたら、たとえ紀子さまでも“職員ルート”を遮断されかねず、出入りを把握できないでしょう」(皇室関係者)

しかし、手段はもう1つある。皇宮護衛官ルートだ。

「紀子さまが、皇嗣家や宮家の護衛を担当する皇宮警察本部・護衛第二課の職員に直接、御仮寓所に出入りする人物のリストを依頼しているのであれば、話は別で、紀子さまは全容を知ることができるでしょう。言ってしまえば、来客記録を24時間監視することができるのです」(前出・皇室関係者)

引用:NEWSポストセブン

  • 職員から佳子さまへの来客情報を入手する紀子さま
  • 職員ルートの情報は、佳子さま側で遮断可能
  • 職員ルートがダメなら皇宮護衛官ルートがある
  • 御仮寓所に出入りする来客記録は24時間監視可能

 

紀子さまの執念を感じますが、いざ気の強い佳子さまを前にすると腫れ物にさわるように接しており、一人暮らしのことも強く反対できずに、このような監視をするというまわりくどいやりかたをなさっています。

童話の「北風と太陽」のいわば太陽のやり方をなさっていますが、気の強いこのお姫様には太陽は通じないでしょう。時には北風も必要なのではないでしょうか。

 

News tabloid 365日

コメント

  1. 匿名 より:

    とっとと結婚されたらよろしい
    そしてとっとと御仮萬所からでていってください
    御仮萬所はラブホではありません
    ついでに秋篠宮家はいらないからみんなでていって

  2. 匿名 より:

    汚らわしい❗️
    男を取っ替え引っ換え、そんなことばっかり❗️
    中身空っぽ
    うりは顔とカラダだけ

  3. 匿名 より:

    違う建物に住んで親の干渉減らして
    好き勝手にやることが自立じゃないですよ
    いい歳して、それくらい理解しなさいよ!
    馬!鹿!