PR
皇室

愛子さま逢瀬のお相手は旧賀陽(かや)宮家ご令息「長身で爽やかなイケメン」

aikosama-kareshi 皇室
記事内に広告が含まれています。

愛子さまお相手は旧宮家の次男「賀陽孝憲25歳爽やかイケメン」

愛子さまと逢瀬されているのは、旧・賀陽(かや)宮家の次男、賀陽孝憲さんです。

賀陽孝憲さんの父親である、旧・賀陽(かや)宮家の当主・賀陽正憲さんは、天皇陛下とは学習院幼稚園から大学時代までを共に過ごされた方で、現在まで家族ぐるみで天皇一家とおつきあいを重ねてこられました。

旧・賀陽宮家にはご子息が2人おり、とりわけ次男の賀陽孝憲さんは25歳で年齢が近いこともあり愛子さまと意気投合し、コロナ渦でおこもり生活を送っていらっしゃる愛子さまと御所で逢瀬なさっているのです。

「陛下も雅子さまも、正憲氏をはじめ賀陽家のことはよくご存じですから、愛子さまのお相手として、安心でしょう」(宮内庁関係者)

旧・賀陽宮家、次男の賀陽孝憲さんは、旧宮家というお家柄に相応しく、幼稚園から高校までを学習院で学んでおられます。

aikosama-kareshi

「高校時代はアーチェリー部に所属していました。学習院高等科は強豪で、彼の在籍中には関東大会、全国大会にも出場していますから、さぞハードな高校生活だったのではないでしょうか。進学先は、お兄さまと同じ早稲田大学ですが、理工学部だと聞いています。お父さまに似て長身で、端正な顔立ちをしていますよ。涼しげな目元が印象的です」
(皇室関係者)

賀陽孝憲さんは学習院高等科時代にアーチェリー部に所属しており、平成25年に「東京都室内アーチェリー選手権大会」に出場した際の記録が残っています。

aikosama-kareshi

このときの結果は57位とふるいませんでしたが、文武両道にしっかりと励み、早稲田大学理工学部に進学しています。

 

下世話な話ですが、賀陽孝憲さんは「かなりイケメン」とのこと。

前述の皇室関係者も言ってましたが、「お父さまに似て長身で、端正な顔立ちをしていますよ。涼しげな目元が印象的」

芸能人でいうなら福士蒼汰さんに雰囲気が似ている、まさに長身で爽やかなイケメンといったところでしょうか。

aikosama-kareshi

あ~、惚れ惚れするイケメンですね。こんなイケメンと付き合いたい。。実は、愛子さまもかなりのイケメン好きで、以前はジャニオタであったことも有名です。

賀陽孝憲さんが似ている福士蒼汰さんとは、愛子さまは一度映画の試写会でお会いになりお話しをされています。

aikosama-kareshi

イケメンを前に嬉しそうにお話しさをされる愛子さま。それを微笑ましく見守る天皇皇后両陛下。御所での賀陽孝憲さんとの逢瀬もこのような雰囲気なのでしょうね。

家族ぐるみでお付き合いをされている愛子さまと賀陽孝憲さんですので昔から知った間柄ですが、愛子さまが、20歳を迎えられた頃から急におキレイになったように感じますのは、その頃から心の中に芽生えた素敵な感情があるのではないでしょうか。

 

aikosama

賀陽孝憲さんは福士蒼汰似で、長身で端正な顔立ちで爽やかなイケメンで且つ早稲田ブランドを持っていますのでモテるであろうことはまちがいありません。

愛子さまの心中は穏やかではいられないかもしれませんね。

 

旧・賀陽(かや)宮家とは

aikosama-kareshi
(戦前の賀陽宮家邸宅)

賀陽宮(かやのみや)は、1900年(明治33年)5月9日に久邇宮朝彦親王の子邦憲王を初代として創設された宮家で、日本国憲法・現行皇室典範施行後も皇族でありましたが、戦後、1947年(昭和22年)10月14日にGHQの指令により皇籍離脱しています。

aikosama-kareshi

皇室の安定的継続のために、旧皇族を復帰させるという案があり、2人の男系男子のご子息をもつ、旧・賀陽宮家がその最有力候補となっています。

旧・賀陽宮家の当主・賀陽正憲さんは、この現状をふまえて、「自分の家が皇室に復帰する可能性があることを肝に銘じて過ごしてきた」とおっしゃっています。

前述しましたが、旧・賀陽宮家の当主・賀陽正憲さんは天皇陛下の親友でいらっしゃる方です。

幼稚園から大学時代までをずっと学習院で陛下とともに学ばれて、卒業後はメーカーや大手信託銀行への勤務を経て、宮内庁に転職。儀式、雅楽・洋楽、鴨場接待などを担当する式部職を務め、その後、外務省に出向しました。

家柄、父親の経歴などからしても、ご子息が愛子さまのお相手候補としては非の打ちどころが無く、どこぞの宮家長女の結婚相手とは比べものにもなりません。

ご子息たちが幼いころから、愛子さまのお相手候補とされていましたが、当初はこのようにコメントしていました。

「縁談などとは立場が違いすぎ、恐れ多いことです。皇女様へのお婿入りなど考えること自体、失礼と思います。」

aikosama-kareshi

 

立場が違いすぎ、恐れ多いことです。」とおっしゃっる、父親の正憲さんですが、立場をわきまえ、謙虚なお人柄であると同時に、「皇室に復帰する可能性があることを肝に銘じて過ごしてきた」と天皇家を支える覚悟をもっていらっしゃることがわかります。

これらの言葉を、何かと天皇家を傍から意見し、自分たちはどっぷりと税金を使い批判の的となっている分家の秋篠宮家や、自分の立場もわきまえずに学生の身であるうちから宮家の長女にプロポーズをするなどといったとんでもない行動に出る小室圭氏やその母親に聞かせて差し上げたい。。。

こんなに家柄やお人柄がちがいすぎると、小室圭氏も気の毒といいますか、哀れに思えてきますね。

 

素晴らしい👏
聡明で品格もあり陛下とも親友でいらっしゃる✨
お言葉も控えめで感動いたしました✨

 

素晴らしいお家柄ですね〜! この方にはお二人の男子がいらっしゃるようですので、敬宮愛子内親王殿下に相応しいと思いますね。

取り敢えず、愛子様と近い年齢の男子の元皇族は居られるんですね。 本人達の意思は尊重して欲しいところですが。

愛子さまがお好きなかたとご結婚されることを願っています。

愛子様に関しては きちんとした方と沢山交流する機会を設けてあげてほしいと思ってる。 そしてお互いに恋心を持ったなら そっと温かく見守れる環境を大事に整えてあげてほしい。 きちんとした方と交流する機会が増えれば 変な人を変な人だと認識できるようになると思うし その方が幸せになれると思う。

 

News tabloid 365日

コメント

  1. 愛子様を天皇に より:

    この方とご結婚されたら、愛子様天皇で良いと思います

  2. 愛子天皇万歳! より:

    愛子天皇万歳!!!

  3. 騒がないで より:

    静かに見守ってあげてほしい
    良いお相手かもしれないけど
    愛子さまはまだ大学生なんだから
    親しくしてるからって、すぐ結婚とか
    周りが騒ぎすぎ!

  4. 愛子様を次期天皇に! より:

    次期天皇は絶対な愛子様!!
    皇統をA宮に渡してはいけない!!!