PR
皇室

佳子さまでき婚へ!「近いうちに家出する」

kakosama-kekkonaite 皇室
記事内に広告が含まれています。

佳子さま近々電撃結婚⁈「元ヤンだけにでき婚か」

10億円の豪邸占拠が炎上している秋篠宮家次女の佳子さま。FRIDAYが『「近いタイミングで家を出られる可能性がある」佳子さま一人暮らし報道で加速する「電撃婚」の現実味』と題して報じました。

これまで同様の報道があったとはいえ、このタイミングで宮内庁が「説明」したのはどうしてなのか。

「今年の4月から宮内庁に広報室ができ、色んな意味で説明できるところはクリアにしていこうというムードがあるのは事実ですが、宮内庁のこれまでのスタンスからすれば、今回の言及は異例のことだと感じましたね」(同前)

当然、秋篠宮さまと皇嗣職トップとの間でやり取りがあったと推察される。

「秋篠宮さまご自身のご意向が強かったのは間違いありません。実態に即して説明することに何ら問題はないし、むしろそうすべきだとのお考えだったのでしょう。その中で強調されたかったのはやはり、経費節減という点になりますね」(同前)

・・・(中略)・・・

そして、今回の説明があった背景について、こういった指摘も聞こえてきた。

「佳子さまの結婚の時期が注目されています。今回の説明を裏返せば、佳子さまはいずれ家を出て行くから部屋が設けられなかったということになります。が、それ以上に持ち上がっているのは、かなり確度の高いお相手がおり、割と近いタイミングで家を出られる可能性があるということです。その際にあらぬ批判を避ける意味でも部屋を作らなかったし、今回発表したこともあるようです」(秋篠宮家の関係者)

もちろん、私室がないと言っても、眞子さんや佳子さまが里帰りすることになれば、自由に過ごすスペースは用意されているということだった。

FRIDAY DIGITALより)

 

  • 佳子さまは出ていくから新居に部屋を設けなかった
  • かなり確度の高い相手がいる
  • 割と近いタイミングで家を出る可能性あり

ということで、本当であればまさに電撃婚です。

佳子さまといえば、かわいい容姿でありながら、「元ヤンだよね」と思っている人は結構いるのではないでしょうか。

【佳子さまに当てはまる元ヤンの特徴】

  • 気が短くすぐ怒る(以前会見の場でご本人が言ってます)
  • ヤンキーのような雰囲気(佳子さまには漂っています)
  • 顔が整っていたりルックスが綺麗(見てのとおりです)
  • 口げんかが強い(学習院時代はよくけんかしていたとのこと)
  • 男性との距離が異様に近い(たびたび報じられました)

これらに加えて、「でき婚」が多いのも元ヤンの特徴です

よって、佳子さまが電撃結婚であれば「でき婚」の可能性も充分考えられるのではないでしょうか。

それよりもなによりも、婚約の公式発表も無く電撃婚で急いで出ていくとなると、もう「でき婚」しか考えられないと思うのは私だけでしょうか。

↓↓↓ヤンキー時代の佳子さま

kakosama-kekkonaite
(服装‼)

kakosama-kekkonaite
(夜中のコンビニ徘徊)

 

佳子さま男性遍歴「いい男には皆逃げられた」

容姿に恵まれた佳子さまは、秋篠宮家の自由な家風もあり、これまでに幾度か男性との近しい関係が報じられました。

① 同時期にリーズ大学に留学していた東京農大出身の男性

kakosama-kekkonaite

「佳子さまと同時期にリーズ大学に留学していた男性Aさんと、真剣交際されているそうなのですAさんは東京農業大学出身で、爽やか系のイケメンだといいます留学中もよく行動をともにする仲で、周囲もお似合いのカップルとして見ていたようですおそらく、事前に行われた留学説明会などで知り合われたのでしょうね(秋篠宮家関係者)

留学中はいい感じにつきあっていたようですが、なにしろ勝気でわがままな元ヤン佳子さまです。つきあいが深まるほど元ヤン気質がバレてしまったのでしょう。帰国後は疎遠になって自然消滅となりました。ようするに逃げられたのです。

 

② 富士急行の御曹司

kakosama-kekkonaite

2017年5月、富士急行御曹司との交際報道がでました。上の家系図をみてわかるように、ご先祖には歴史上の偉人、大久保利通がいます。

御曹司の父親は、㈱富士急行の社長である堀内光一郎さん、母親は衆議院議員の堀内詔子さんです。

御曹司は、佳子さまの姉の眞子さんの学習院時代の同級生で、母親の詔子さんは紀子さまのママ友として親しい間柄なんだとか。

家柄申し分なく、こんなに条件の良い御曹司を紀子さまが逃すはずがありません。推して推して推しまくったに違いありません。そんなに推しまくられたら普通は逃げます。

御曹司の両親は当時取材に対してやんわりと否定しています。

「実は息子は転勤して日本にいないんです。それでなかなか、ね……。はい、シンガポールに行っています。息子はお目にかかったことがないと思います。本当に恐れ多いお話です。」(週刊新潮)

よほど殺気を感じたのでしょう。外国に逃げられてしまいました。

 

③ 学習院幼なじみの歯科医院のお坊ちゃま

kakosama-kekkonaite

お相手は学習院初等科時代の同級生で、学習院高等科を卒業後、有名私大の歯学部を卒業したエリート歯科医の男性。男性の両親は紀子さまと学習院の同級生で、現在まで家族ぐるみの交流が続き両家の関係は深いとのこと。
(女性自身 2022年8月23・30日合併号)

この男性(お坊ちゃま)と佳子さまは、学習院初等科時代に4年間同じクラスだった幼なじみです。

お坊ちゃまの両親と弟の4人家族で、家族全員学習院出身です。兄弟2人とも小学校から高校まで学習院に通っていたといいますのでなかなかの良いお家のようです。

両親は学習院高等科で紀子さまと同級生で、特に母親と紀子さまは大学も同じ学習院で仲良しだったのだとか。

お坊ちゃまは、学生時代からアイスホッケーをやっていて、元アイスホッケー選手とも報じられました。

kakosama-kekkonaite

父親が歯科クリニックを経営し院長を務めていますが、お坊ちゃまも弟さんも歯科医としてクリニックに勤務しています。

練馬区氷川台にある歯科医院で、地域でも評判のクリニックだそうです。

kakosama-kekkonaite

 

スポーツマンでイケメン歯科医師でお家も良いおぼっちゃま。

とてもいいお相手ですが、お坊ちゃまの父親であるクリニックの院長は、当時の取材に困惑しながら否定していました。

「(長男が)お付き合いしているということは全くありません」(週刊新潮)

その後、何の進展も無く、またもやいいお相手に逃げられたようですね。

 

紀子さまへマウント思考の反発

2014年5月に高円宮家・二女の典子さまと出雲大社の宮司嫡男・千家国麿(せんげくにまろ)さんの婚約が決まったときに、紀子さまがおっしゃったことです。

「秋篠宮家は高円宮家よりも身位が上ですから、娘のお相手も、出雲大社を上回る家の方でないと……」(秋篠宮関係者)

他人にマウントを取りたがる紀子さまらしい発言というかお考えですね。

そうすると、佳子さまの結婚相手はよほどの資産家か家柄でないといけません。

前述の、同時期にリーズ大学に留学していた東京農大の男性などは、どのような出自かわかりませんので問答無用の却下でしょう。

  • 他人にマウントを取りたいがために、いい男と娘を結婚させる
  • 他人にマウントを取りたいがために、息子を最高峰の大学へ入れる

なんてよこしまなお考え。反発したくもなるってもんです。

娘をワガママに別居させる⇒娘は好き放題⇒連れ込み放題⇒できちゃった⇒なもんで結婚⇒家を出ていく

まさに元ヤンの王道をいく佳子さまか!

 

ご年齢がご年齢なのでいつ婚約内定の発表があってもおかしくないのですが マスコミはある程度の情報を知っているのでは?

だから、最近は公務にも積極的ですものね。

でも、オンラインとはいえろうあ連盟のお仕事の方は全くわかりませんね。

ここ最近は公務の事を聞きませんが何をされておられるのか。 趣味ですか?

眞子さんと違ってちゃんとした手順を踏んで 国民に祝福されるご結婚をして下さいね。

どこが経費削減なのかがわからないのです。 佳子さまの結婚が近いとか関係ないのですよ。 しかし 記事によると電撃婚???

いきなり、記者会見もせずして、結婚でもされるのですか?

その時に国民に非難されないために、 ここに来て、一人暮らしを公表し、 理由は経費削減となったのですか?

時系列的にもおかし過ぎますし 何の説得力もない説明なんですよね。

佳子さまの結婚の時期が注目されています →そんな事は我々国民はどうでもよく、関心もありません。

ただその事で我々の血税が例の件のように際限なく垂れ流し される怖さなんです、、、いまだに説明責任すら果たさず、 シカトする姿勢には、国民に寄り添う姿勢の一欠片も感じません。

本当かどうかは定かじゃないけど内親王が結婚する時に支払われる一時金・一億円強の額を知って、 「そんなにもらえるですか?!」 って嬉しそうに言ったという記事を読んでから、なかなかのお人やな…と見る目が変わりました。

 

News tabloid 365日

コメント