飯尾和樹(ずん)、美人嫁の実家は製麺所

お笑い芸人

若い女の子にも大人気の、ずんの飯尾和樹さんですが、バラエティはもちろんテレビドラマやCMなどにも出演しとても活躍されています。
どんなに売れっ子になっても調子に乗らない飯尾さんは素敵だなと思います。

そんな飯尾さん、「嫁は美人」で「実家が製麵所」との噂をきき、気になり調べてみました。

飯尾和樹さんについて

  • 生年月日:1968年12月22日
  • 血液型:O型
  • 身長:172㎝
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 学歴:東京学園高等学校
  • 所属事務所:浅井企画

飯尾和樹さんは、両親が目黒区役所勤務の公務員という家庭に育ち、小学生のころは少年野球をやり、プロ野球選手を夢見ていたそうです。

中学生の野球の才能が無いと悟ってしまったそうで、高校卒業後は大学進学をせずにお笑いを目指したそうです。

1991年にお笑いコンビ「チャマーず」を結成しデビューしたが翌年解散し新たなコンビ「La.おかき」を結成したが1997年に解散してしまい、しばらくはピンで頑張った。
そして2000年に「ずん」を結成し今に至ります。

飯尾さんは、駆け出しのころは「キャイ~ンと同期」「キャイ~ンの友達」としていつも扱われ、数少ない仕事も、バーター的な意味合いでキャイ~ンと一緒のことが多かったそうです。

でもそこは、飯尾さんの人柄なのか、まったく意に介さずで、むしろ「キャイ~ンの友達」はお笑いの種類のひとつと思っていたそう。

なんだか飯尾さんらしい気がします♪

そんな飯尾さん、「私はピクルスになりたい」…なぜなのか、答えがおもしろい。
「チーズなどスター集団に混じってピクルスが存在感を発揮している」
「ピクルスってすごい実力の持ち主なんじゃないかと思うんです。」

そうゆうところが素敵なんですよ、飯尾さん♡

嫁はどんな人?

飯尾さんの嫁は、林宏美さんという方でエステティシャンの肩書をもっているそうです。
どんな人なんでしょうか。

林宏美さんは、「カンコンキンシアター」という演劇集団の所属女優だったそうです。

カンコンキンシアターは、関根勤が座長を務めるナンセンス軽演劇集団とその公演

だそうで、「カンコンキン」という名称が「関根勤」をすべて音読みしたものとのこと。
振付師はラッキー池田さん、出演はキャイ〜ン、ずん、など浅井企画のお笑い芸人が中心となって構成されていて。毎年夏に公演しているそうです。

なんでも、お二人は12年も交際し破局後、2012年「とんねるずのみなさんのおかげでした」番組内で飯尾さんが、元カノである林宏美さんにプロポーズをし結婚となったそうです。

ずっと林さんを想っていたんですね♪

嫁の実家は製麺所なの?

嫁の林宏美さんの実家は製麺所との噂がありますが…

はい、2019年9月1日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2』で、はやし製麺所を訪れた際に「自分の義理の弟は飯尾和樹さん」と話しています。

飯尾さんも「嫁の実家が製麺所」と発言したりしていますので。

まとめ

飯尾和樹さんの嫁の林宏美さんは、元女優でエステティシャンで実家が製麺所という噂は本当でした。

飯尾さん、これからも応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました