東京でワイン造る 須合美智子(すごうみちこ)の経歴、旦那や子供「バース・デイ」

テレビ

3月26日(土)TBS系「バース・デイ」で、
ワイン醸造家・須合美智子(すごう みちこ)さんが紹介されます。

以前には、ニッポン放送「あさナビ」、フジテレビ「セブンルール」などで
紹介されたりと、普通の主婦だった須合美智子さんが45歳、ド素人から修行をし
素敵なワインを造る人になったその生き方に共感する人も増えているようです。

その須合美智子さんのワイナリーは、2年連続で
「日本ワイナリーアワード」の三つ星を獲得しているそうです。

3月26日の「バース・デイ」は、半年間かけて撮影されたのだとか。
新発売予定のNEW WINEも紹介されるそうですよ♪

そんな、須合美智子さんの経歴や、旦那さんや子供さんのこと、
そして、そのワイナリーのことなどいろいろ気になり調べてみました。

須合美智子さんの経歴

 

 

  • 名前:須合美智子(すごう みちこ)
  • 年齢:51歳
  • 出身地:岩手県
  • 職業:ワイン醸造家

 

須合さんは、高校卒業後、信用金庫に就職し、23歳で結婚し、
その後は旦那さんの実家の家業の中華料理店で、ずっと接客をやっていたそうです。

現在、須合さんは東京・御徒町の都市型ワイナリー「葡蔵人(ブックロード)」で
醸造責任者を務めています。

ブックロードは飲食店を何店舗か手掛けている会社が
新規事業として始めたらしいのですが、
須合さんは、その飲食店の常連客だったそうです。

あるとき、ランチをしていたら、社長さんが
「別の店舗でランチ営業を手伝ってくれる人を探しているんだけど…」
と言われ、そこからそちらの飲食店でパートをするようになりました。

そして数年たち、その会社が新規事業でワイナリーを始めることを知った
須合さんは、「ワイン造りをやってみたいです!」と立候補したそうです。

このとき、須合さん45歳、
まったくのド素人だったそうです。

ここから、須合さんの修行が始まります。

連日車を運転し山梨県のワイナリーへ行き、一生懸命勉強したそうです。

農家にぶどうをとりに行く

ぶどうを枝から外す作業

白ワインはそのまま絞る作業

赤ワインは桶に皮のまま詰め込み順次発酵させる

ろ過をしてから瓶詰めする

一本一本手作業で行っているのだそうです。
他のワイナリーのワインを飲んで研究も怠りません。

そして、ついに2017年、東京・御徒町の都市型ワイナリー「葡蔵人(ブックロード)」
がオープンしました!

須合美智子さんの旦那さんや子供さんは

須合美智子さんの旦那さんはどんな人なのか、写真などみてみたいと
思いますが、残念ながら公に紹介されてはいません。

旦那さんのご実家は中華料理店ということですので、
そちらで働いているのかもしれませんね。

子供さんは、2人いるそうです。
娘さんが27歳、息子さんが23歳のようです。

お二人とも成人ですので、おそらくどこかへお勤めされているのでは
ないでしょうか。

やはり一般人の方ですので情報はありませんでした(^-^;

須合美智子さんのワイナリー

 

須合美智子 ワイナリー
引用:ブックロード公式

 

Book Road~葡蔵人
定休日 水曜日
東京都台東区台東3-40-2
最寄り駅:JR御徒町駅、日比谷線仲御徒町駅

営業時間
平日 12:00~15:00
土日祝 12:00~15:00

e−Wine

引用:Googleマップ

 

こちらのワインは全て、山梨県・長野県の契約農家さんと
茨城県にある自社農園で育った国産葡萄100%の日本ワインなんです。

SNSで評判になっているというラベルのデザインは、
そのワインと相性の良い食べ物なんだそうで、
「そのワインを何と一緒に飲んだら美味しいか」をラベルを通して
提案しているのだそう。

↓↓↓こんな感じです♪

 

 

例えば…

上の写真右から2番目が、
ウニと相性の良いワイン「ブラン・ブラン」です。

 

 

ワイナリーの3階はレストランになっているそうですが、
現在は、コロナ感染予防対策のため休業しているそうです。

こちらのワイナリーでワインを購入できますし、試飲もできるそうです。

ワイナリー見学もできるそうです(予約制)が、
こちらも、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のためしばらくの間中止
だそうです。

 

まとめ

須合美智子さんは、子育てしながら旦那さんの実家の中華料理店を
ずっと手伝っていて、あるとき、ひょんなことから、別の飲食店でパートとして
働くようになり、そして、その会社が新規事業のワイナリーを始めることになる。

須合美智子さんは、まったくのド素人だったが、やってみたい意欲が旺盛で
「やってみたいです!」と立候補し、努力の末、ワイナリー責任者になりました。

今も、努力と研究は怠らず素敵なワインを造り続けている素敵な女性です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました